大類勇人氏は同じジムではないが、
自分の知り合いで強いボクサーがいるよってことで
知り合いから紹介してもらいました。

大類勇人

体の作り方が半端なく仕上がっているので
ボクシングの練習方法などを教わりました。

ボクシングのルールは基本的には1ラウンド3分で
インターバルは1分間。
上記のことを練習でも意識することが重要です。

例えば
シャドーボクシングの練習が終わって、次にサンドバックの練習ですが、
このシャドーボクシングとサンドバックの練習の間の休憩時間は1分間。
この1分間で休憩を取る感覚をやしなうことがとても大切です。
ここをダラダラしてしまうと練習では調子がよかったのに
本番では疲れてしまうということがあると大類さんが言っていましたので
自分も練習する際には試合を意識した練習を行っていこうと思いました。

今回、大類勇人さんが私に教えてくれた練習メニューを紹介します。

1.準備運動
2.シャドーボクシング 9分(3ラウンド)
3.サンドバック 15分(5ラウンド)
4.パンチングボール 6分(2ラウンド)
5.ミット打ち 6分(2ラウンド)
6.マスボクシング 9分(3ラウンド)
7.縄跳び 6分(2ラウンド)
8.筋トレ(腹筋・背筋)
9.整理運動

実際この練習を取り組んでみると結構きつかったです。
今回教えてもらったのは本当に基本の練習方法なので
まずはこの基本を忠実にこなせるようになってから
またの機会にステップアップした練習方法を教えてもらおうと思います。