大類勇人氏にボクシングを教わった

日記

大類勇人氏は同じジムではないが、
自分の知り合いで強いボクサーがいるよってことで
知り合いから紹介してもらいました。

大類勇人

体の作り方が半端なく仕上がっているので
ボクシングの練習方法などを教わりました。

ボクシングのルールは基本的には1ラウンド3分で
インターバルは1分間。
上記のことを練習でも意識することが重要です。

例えば
シャドーボクシングの練習が終わって、次にサンドバックの練習ですが、
このシャドーボクシングとサンドバックの練習の間の休憩時間は1分間。
この1分間で休憩を取る感覚をやしなうことがとても大切です。
ここをダラダラしてしまうと練習では調子がよかったのに
本番では疲れてしまうということがあると大類さんが言っていましたので
自分も練習する際には試合を意識した練習を行っていこうと思いました。

今回、大類勇人さんが私に教えてくれた練習メニューを紹介します。

1.準備運動
2.シャドーボクシング 9分(3ラウンド)
3.サンドバック 15分(5ラウンド)
4.パンチングボール 6分(2ラウンド)
5.ミット打ち 6分(2ラウンド)
6.マスボクシング 9分(3ラウンド)
7.縄跳び 6分(2ラウンド)
8.筋トレ(腹筋・背筋)
9.整理運動

実際この練習を取り組んでみると結構きつかったです。
今回教えてもらったのは本当に基本の練習方法なので
まずはこの基本を忠実にこなせるようになってから
またの機会にステップアップした練習方法を教えてもらおうと思います。

浦崎庄平氏にボクシングを教わった

日記

同ジムに通う浦崎庄平氏は元々キックではなくボクサー。
そんな彼にキックと異なる魅力とボクシングの基礎を教わりました。

ボクシング
「ボクシングはほかの格闘技と違い、攻守ともに基本的に両腕のみを使うので、それ故に心理の読みあいや奥深い技術が重要となる。陸上競技に例えるなら中距離走みたいなものかな。」

「ただ走るだけならだれでもできるけど、中距離走は相手の駆け引きが必要だからね。」

「観戦するときも選手の攻防をしっかり頭の中で整理しながら観戦するのが面白いよ。」

なるほど…正直、中距離走の例えは良くわからないけど、なんとなくは理解した。

浦崎庄平氏はボクシング界のレジェンド「シュガーレイ・レナード」に憧れてボクシングの世界に入っただけあり、ファイトスタイルはディフェンス重視型。

「パンチを打ったらそのまま打つ前の位置に戻す」

パンチがある人や打たれ強い人ほど、この基礎ができないそうです。
マンガ「はじめの一歩」に出てくる伝説のボクサー「リカルドマルチネス」のジャブも、この基礎の極みだったと記憶しています。
この基礎を意識した上で、マスボクンシングでひたらす経験を積むと、相手の動きを見切れるようになるとのこと。

「目を覚まして戦って死ぬ」をひたすら繰り返し、最終的に最強のソルジャーとなる「オール・ユー・ニード・イズ・キル」という映画を思い出しました。

「継続こそ力なり」私もいつか華麗にパンチをパーリングでいなせるよう、腐らずに続けてみようと思います。

厳選生酵素と他の酵素商品との比較

ダイエット裏技

最近は、本当にさまざまなダイエット食品やアイテムが販売されているので、いったいどの商品が良いのか、自分に合っているのかを見極めるのは非常に難しいと思います。
正直似たような商品が多すぎて、それぞれの賞品にどのような違いがあるのかも、よくわかりません。でも、私はたくさんある酵素サプリメントの中から、厳選生酵素を選びました!なぜなら、厳選生酵素とその他の酵素サプリメントの大きな違いを見つけたからです。
公式ホームページやこちらのサイトを見て、いろいろとリサーチしていくうちに分かったのです。
大きな違いとは何なのでしょうか?

違い1. 酵素の数

酵素は消化・吸収・排泄・代謝など、私達の命をキープしていくために必要な機能をサポートしてくれる、とても大切な成分です。
私達の体内に常に酵素は存在していますし、作られているものですが、身体の外側からもきちんと補ってあげることによって、身体の機能を高めてくれるのです。
そんな重要な酵素が、厳選生酵素には、なんと120種類も含まれています!
120とは、驚きの数字ですよね。他の酵素サプリメントは、大体60~80種類の酵素が含まれていると表示されていますから、この違いは大きいですよね?
実際の食事で120種類もの酵素を摂取するとしたら、毎日グリーンスムージーやサラダ、野菜スティックなど、1日3食野菜と果物尽くしのメニューになりそうです。
焼肉やステーキが大好きな私は…絶対に無理!酵素サプリメントで、効率的に取り入れていきたいです。

違い2. 他の酵素サプリメントにはない、生酵素

他の酵素サプリメントと大きく違うのは、サプリメントに含まれている酵素が【生】だということです。基本的に酵素は、48度以上の熱を加えると破壊されてしまうのですが、生酵素の場合は特殊低温カプセル製法で作られているので、酵素が破壊されないというわけです。生きたまま腸に届くなんて、すごい話ですよね。
便秘が解消されたという口コミが多いのも、なんだか納得がいきます。「今まで酵素サプリメントで、効果が出たことがない」「酵素サプリメントでは、痩せなかった」という人でも、生酵素が含まれたサプリメントなら、大きな効果が期待できるかもしれません。

このように、他の酵素サプリメントと厳選生酵素には、大きな違いがあることがわかりました。こんなに大きな違いがあることが分かれば、心置きなく厳選生酵素を購入することができます!なんだか飲む前から、ダイエットが成功する気がしてワクワクして来ました。
生酵素って、やっぱりすごく期待できますよね。腸まで届いてくれるなんて、私の長年の悩みである便秘も解消されるかもしれません。
早速、購入してみようと思います!

厳選生酵素を最安値で購入する方法

ダイエット裏技

酵素サプリメント【厳選生酵素】について、購入する前にとことん調べてみようと決意した私。その際に、こちらのサイトが大活躍しました!
慎重な私は、厳選生酵素について暇さえあればリサーチしていました。
http://xn--ihq608eewkonmote3ug.com

さて、どうして私がそこまでするのか!?
だって、お金を無駄にしたくないですし、もうダイエット食品での失敗はこりごりなんです。
「食事制限と運動で痩せればいいんぢゃない?」とも言われますが、それで痩せられたら必死になって調べたりしませんよね(笑)食べるの大好き!運動嫌い!
とにかく、出来るだけ楽をして、ちゃちゃっと痩せてしまいたいのです。

厳選生酵素は毎日続けてこそ、効果がある

私、少し勘違いをしていました。厳選生酵素を飲んでちゃちゃっと痩せたいと思っていましたが、厳選生酵素は痩せ薬ではありません。
医薬品のように、飲んですぐに効果が出るわけではないのです。
根気強く厳選生酵素を毎日続けてこそ、ダイエット・美容・冷え改善・便秘解消などの効果が期待できるというわけです。
毎日サラダだけの極端な食事制限を毎日続けるとなると、空腹に耐えられなくてストレスが大爆発してしまいそうですが、サプリメントなら楽勝です!
ですから、サプリメント購入の際にはきちんと毎日続けることを前提として、それにかかるコストも考えていくことが大切なのだと気づきました。
美容にかけるお金が無限にあったらなぁ~と、妄想するのも悲しくなってきました。

毎日飲むから、一番安い値段で買いたい

「厳選生酵素を毎日飲んで、痩せるぞ!」と決意しました。そこで気になるのが【厳選生酵素を最安値で購入する方法】です。
ズバリ最安値で購入できるのは【公式ホームページからトクトクコースに申し込む方法】でした。トクトクコースとは厳選生酵素の定期コースのことで、30日分を無料で(送料別)試すことできたり、お得な値段で購入できたりとメリットが盛りだくさんです。
こちらのコースなら、2回目以降も嬉しい13%OFFで購入することができるので、他のどのサイトよりもお得に購入することができるようです。
ちなみに、トクトクコースの解約は5回目以降のようですが、私は1年は続けようと思っているので、あんまり関係ないですね。
お得に購入して長く飲み続ければ、効果が期待できるというとても良いこの流れに、身を任せてみます!最安値で購入できるトクトクコースなら、実質1ヶ月分お得になるわけですから、単品購入よりもずっとお得ですよね。

インターバルトレーニングで痩せる

ダイエット

9fe92552f26a704d1fd31cb213e64446_s

キックボクシングを始めて、中年のおっさんが試合に出ることになりました。
おっさんが若者に混ざって日々練習を積み重ねて、ダイエットを超越して減量生活。

運動・食事制限・塩分カット・減量最後の水分カット(アマチュアなんでごく僅か)。

結果、判定勝ち。
嬉しい反面、試合内容にとても課題が残る内容でした。

何か最も悔しかったかと言うと、試合中のガス欠。
日頃のスパーリングでは3分間戦うことは出来るけれど、本番の緊張もあるし相手も本気で休憩する暇なんて当然ありません。
試合中盤からは、パンチを連続で3発も打てれば上出来で、そこからラッシュをかけるなんてまったく出来ませんでした。

そこでおっさんは考えたのです。
なぜ、動けなくなるのか。
日頃ランニングもしているし、ジムでのトレーニングも欠かしていないし。

経験が浅い、練習の積み重ねが少ない。
こればかりは時間と量で解決するしかありません。

なぜ動けなくなるのか、これは「乳酸の除去能力が低い」と言うことが分かりました。
シンプルに言うと強度の高い運動をすると、筋肉内に乳酸が大量に分泌される。
この乳酸は決して悪いやつではなく、フルパワーで筋肉を活動させるために分泌してくれる大事な成分だと言うことが分かりました。

しかし、この乳酸が出て、筋肉内に蓄積されて満杯になってしまうと一気に動けなくなるのです。

そこで、その乳酸の除去能力を高めるために行き着いたのがインターバルトレーニング。
というより、インターバル走。

全力ダッシュ、ジョギング、全力ダッシュ、ジョギングの繰り返し。
心拍数を限界の90%程度を目安に上げて、ジョギングでクールダウンする。

そうすると循環機能(心肺機能も)が高くなり、体内中に乳酸が分散されるようになる。
結果、強度の高い運動をして乳酸が一気に分泌されても、短時間に体が回復されるようになるわけです。

これで、次は判定勝ちではなく、KO勝利を目指します!

で、3ヶ月ほどやってみた成果としては、、、、

・日常の活動で疲れづらくなった、階段上ったり。
・スパーリングで打ち合いになっても最後の最後まで力を振り絞れるようになった。
・体のパフォーマンス向上が実感できて、歩いていると走りたくなる笑

正直めっちゃお勧めです。

ページの先頭へ